読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

phev_spの日記

アウトランダーPHEV購入記、日々の気づきを書いてるブログです。我が家はオール電化+PHEV(+もしかしたらプリウスPHV追加)です。

スポンサーリンク

嫁と新型プリウスPHVの予約申込に行く|事態は思わぬ方向に

昨日の夜、嫁さんが「プリウスPHVどうなったんだろ?」と切り出した。

 


嫁さんは漠然とだが、自分はプリウスPHV買うもん!モードを保っている。
特に発売日を意識したり、本を読むだの、トヨタHPを閲覧するわけでもなく、だ。

 


自分も少し気になるぞ(笑)。

 


例のリヤゲートの部品だったか、成形不良で発売を2か月ずらすという事態になってる新型プリウスPHV。
ネットでは先行予約を受け付けているディーラーもあるらしいとか書いてあるのを見たこともあり、どこまで進捗しているか気にはなっていた。

 


祝日ということもあり「このあいだ話した、ノートeパワー、試乗に行かん?」と切り出してみた。

 


すると、嫁さんは「いいけど。プリウスPHVは?」と反応。


やはり、避けて通れないようで、じゃあ行くか?ということになったのである。

 


今回の試乗記の構成は以下の通りである。


乗った順番

1.トヨタ LOOMY(NA)
2.トヨタ プリウス
3.日産 ノートeパワー(タイプX)
4.リーフ


LOOMYとリーフは成行きで加わった車種です!


今回の試乗全体の流れをザックリ説明すると以下のような感じ。

 

プリウスPHVの先行予約の状況を探る為にトヨタに行く。

新発売のLOOMYが停まっていて気になりつつ、PHV予約できるか探る。

LOOMYの試乗(嫁さんが小さい車もいいかもと言い出したから)

プリウスの試乗(プリウスPHV乗るイメージを高めるため。前回の試乗の記憶はないらしい^^)

昼食後、日産に行く

ノートeパワー試乗する(レンジエクステンダーを検討してほしい。自分も気になる車)

ノートを試乗する(プリウスPHVの走行イメージを分かってもらうためピュア電気自動車に乗せる)

 


まあ、こんな感じで進めてまいります。

 


では、いきなりですが新型プリウスPHVの先行予約をしたか?できるのか?が一番気になるとこだと思います。

 


結論ですが、おじちゃんの行ったディーラーでは購入予約はまだ受け付けていないようです。
2月発売のようで、自分たちも詳しくは知らされていないとのことだそうです。
おそらく2月上旬に試乗車が用意されるはず・・・らしい。

 


その代わりに「購入意向確認書」という予約のような物ができます。
というか、しちゃいました。

 

f:id:phev_sp:20161123222630j:plain

 


これ、私は初めての体験なのでどういったものかというと、用紙から抜粋しますね。

 


「この用紙はお客様のプリウスPHVの購入検討の意向を確認するためのものであり、契約書ではありません。また、納期をお約束するためのものではありません。」

・・・というものです。

 


「購入しようかな?どうしようかな?」レベルで書いてしまってOKとのこと。
キャンセルしてもいいし、色もグレードも変更しても良いらしい。


そりゃそうだ、まだ価格わからないもんね?

 

f:id:phev_sp:20161123222620j:plain


申込みすると、どんな恩恵があるのか?


営業さん(知り合い)いわく、実際に購入契約をした際、納車を優先してくれるとのこと!


記入項目と書いた内容は以下の通り。

1.グレードを選定(Sナビパッケージにしておいた)
2.ソーラー充電システムの有無(有りにしておいた)
3.希望のボディーカラー(ホワイトパールにしておいた)
4.下取りに出される車(増車にしておいた)
5.お支払方法の予定(現金にしておいた)
6.自動車保険のご予定は(現在未定にしておいた)


営業さんが嫁さんにPHVについて分かりやすく説明してくれる。
嫁さんの微妙な質問にも、やさしく答えてくれる。
しばらくして、また同じ質問に戻ったりして「(理解してねえな?)」とピンとくる。

 


なんか昨日借りたDVD「ファインディング・ドリー」のドリーみたいだ!と笑い話になった。

 

 

太陽光ルーフ、以前、本で読んだか忘れたが充電できるのはPHVが起動している時だけで、OFFで駐車している時は充電できませんというような記事を読んだような気がしたので確認してみたら、駐車させてる時も充電できますよ!とのことだった。

 

 

ただ、オプションで10何万円かするらしい。

なので、元取るのは厳しそうかな?と思った。

 

 

あと、暖房に入れてもエンジンが掛からないらしい。

アウトランダーPHEVの温水式ヒーターの10何万円分かを価格に吸収していると思うと、少しホッとする感じがしたぞ!

 


C-HRはカッコイイね。ホンダ・ベゼルを買う層はほとんどC-HRに流れるんじゃない?という気がした。

f:id:phev_sp:20161123225013j:plain

 

 


ところで、嫁さんは3ナンバーという言葉に弱い。
この「弱い」はそそるのではなく「ビビる」のほうです。

 


幅が大きくなるので、急に怖気づく。
「やっぱり、さっき見た外の車(LOOMY)がいいのかな?お母さん乗せたりもしやすそうだし」


「じゃあ両方試乗したら?」と提案。

 

 

まず、LOOMYの試乗

 

f:id:phev_sp:20161123222647j:plain


試乗したLOOMYはターボではない1,000ccのNAのほうです。
試乗コースは平坦なのでNAでも不通に走れた。


まあ、便利そうな車ではある。
ちょうどいいね。である。
スズキ ソリオとかぶりすぎな感が否めないが。


おじちゃんはスペイド好きなので、コレ買うならスペイドかな?


次に、プリウス。

f:id:phev_sp:20161123222638j:plain


嫁さんは前回の試乗の記憶が無くて(ドリーか?)、初めて乗ったかのような感激ぶりである。
シートが「包まれてるみたい!」で気にいったらしい。


比較するのも何なんだが、「LOOMYよりすごくいい、全然違う!気に入ったわ~」だと。


う~ん・・・。
一度は3ナンバーサイズで怖気づいたはずなのに、プリウス試乗して一気にPHV狙いが再燃したようだ。

 


オォ~、ヨッソウガイ(予想外)で~す。

 


予約に向けて何かしら進捗あれば連絡してもらうことにし、トヨタを去るのであった。

 

f:id:phev_sp:20161123225022j:plain


昼飯を食べ、そのあとは、おじちゃん本命の「ノートeパワー」の試乗に向かうのであった。

 


ヨッソウガイに長くなったので、続きは次回にします~^^